So-net無料ブログ作成
検索選択

大瀬崎☆ [伊豆]

KRM_1677_156halfKRM_1677.JPG

 

 

KRM_1674_155halfKRM_1674.JPG
< 湾内にて、水深-8m。ハナミノカサゴyg 毒魚ですがかわいらしいこと。毒を持ったセクスィなオンナもね。 >

 

KRM_1652_157halfKRM_1652.JPG
< 湾内にて、水深-12m。オニオコゼ~大瀬崎では珍しいとのことです。砂が舞いあがってしまった。 >

 

KRM_1669_154halfKRM_1669.JPG
< 湾内にて、-14m。カミソリウオのペア。何がサカナであるかわかりますか。 >

 

 

 

_OSZ0134_143half_OSZ0134.JPG
< 湾内にて、水深-12m。ウミテング。体長5cmくらい。近づきすぎてストレスを与えてしまったか口をあけている。 >

 

 

_OSZ0140_144half_OSZ0140.JPG
< 湾内にて、水深20m。ミジンベニハゼ。瓶の口の中です。このモデルはかなり撮られ慣れているようです。 >

 

_OSZ0156_145half_OSZ0156.JPG
< 湾内にて、水深-20m。ウミカラマツエビ。体長2cm。全身スケルトン。ファインダーではとても見ずらいです。 >

 

_OSZ0171_146half_OSZ0171.JPG
< 湾内にて、水深-8m。オトメハゼ。体長4cm弱。すばしっこく、この娘をとらえるには根気がいるかも(笑)。
1秒で30cmほど一瞬で移動する娘です。 >

 

 

 

_OSZ0193_147half_OSZ0193.JPG
< 外海にて、-10m。オオモンカエルアンコウ。岩に懸垂状態です。 >

 

_OSZ0201_148half_OSZ0201.JPG
< 外海にて、-20m。ミチオミノウミウシ。体長2cm。 >

 

_OSZ0204_149half_OSZ0204.JPG
< 外海にて、水深-20m超。名前は忘れました。体長2cm。透明でなかなかピントで捕捉できません。 >

 

_OSZ0205_150half_OSZ0205.JPG
< 外海にて、水深-15m。ニシキウミウシ上にいるウミウシカクレエビ。これ実はピンボケなんです。
後ろにも撮影待ちのダイバーが3人いて急いで2枚撮ったうちの1枚です。体長1cmくらいです。 >

 

_OSZ0209_151half_OSZ0209.JPG
< 外海にて、-15m。藻にまとい身を隠すハナタツ。映画『山猫は眠らない』みたいです。体長3cmくらい。 >

 

_OSZ0214_153half_OSZ0214.JPG
<  外海にて、-11m。クマドリカエルアンコウ。体長1cm。岩場の隙間に居て小さくてファインダーで捕捉しづらいです。>

 

 

_OSZ0109_142half_OSZ0109.JPG
< 湾内にて、-10m。ネジリンボウ。なかなか近くまで寄らせてくれた子です。レギュレーターから吐く息は音を完全に
殺して砂も微塵も巻き上げず近づきました。 >

 

 

_OSZ0211_152half_OSZ0211.JPG
< 外海にて、水深-10m。ニラミギンボ。巣穴かに身を出したところ >

 

 

久しぶりに伊豆・大瀬崎で潜ってきました。2006年ごろまで、セルフダイビングでがんがん
潜ってましたが通う時間もなく7年が過ぎめでたくブランクダイバーとなり、またガイド付きで
再開しました。7年経ってもイントラも自分のことを覚えてくれて、すぐ昔のように息の合う
ダイビングとなりました。これってすごく、奇跡的なことかな?
この7年間、毎年毎年ひつこく(笑)年賀状をくれるスタッフにいつか応えようと思っていた。
実はこの7年間仕事で時間がとれなくて、潜ることができなかった。

以前は大瀬に行くと、1日5本潜ってました。細かな勘というかデリケートなスキルはすぐに
戻らなくとも、「それだけ潜れれば大丈夫じゃない?」とのこと。しかし、外海からのエクジット
は相変わらず苦手だったは変わりがなかった。玉砂利のような、玉石あるいは岩玉の上を一眼
持って波にすくわれそうになりながら歩くこと。

でも、ちょっと残念だったのは7年前に50歳半ばだったダイバーがいなかったこと。もう還暦
を迎えられて体力的にきついのかな。当時の若い女性のスタッフもいなくなっていた。結婚した
のかな。時間が経ったことを体感したけれど、まだ少し飲み込めない感じがした。なんだか寂しく
てまた当時の常連さんたちにまた会いたいですね。

 

KRM_1679_159halfKRM_1679.JPG
< 湾内エクジット時の澄み渡った海。最盛期には、ミネラルウォーターのように透き通ります。 >

 

今回、大瀬崎までの間、ドライビングの御伴は今井美紀の『ダイアローグ』。2曲目の中央フリーウエイ。
何回聴いても素晴らしくて泣けてそうにいいです。歌に泣かされます。なあんてね。全体的に歌詞がじん
とくる感じで、心の琴線は触られるようです。

行き帰りとも吉野家にて、カレーと牛丼が合わさったのを食べてしまった。旨辛が病み付きになり翌日も
食べてしまいました。次回の大瀬崎もこれ食べていこうと思います。

一眼レフ2台持って潜るのは重量的に大変でした。しかし、エントリー・エクジットのとき、やはり2台持った
他のダイバーと目が合うと、微笑みというか(同じ趣味同士の笑顔)って書けばわかりますか。
あんな笑顔は嬉しかった。あの微笑に久しぶりに出逢った気がした。やはり、大瀬崎のダイバーは皆仲良し
ですね。 

ストロボINON D2000 がそろそろ寿命かもしれない。Z-240をつけてマクロをやったがこれが素晴らしい。
Z-240くらい発光すると頼もしいですね。撮影意欲が湧くストロボです。

(撮影機材)
NIKON D800E+AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G ED
Nauticam D800(ハウジング)+NA170(ドームポート)+INON Z-240 x 2(ストロボ)

NIKON D200 + AF MICRO NIKKOR 105mm 1:2.8D
ZILLION ZAP-D200(ハウジング)  + INON D2000 x 2(ストロボ)

 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。